上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日のカヤックフィッシングの獲物その1 を料理します。
」という魚
スズキシーバス・・よりは「漢字」で書いたほうが美味しく感じますね。
シーバスと書くともう食べる気はしません。
魚の大きさで呼び名が変わる魚種ですが、私の料理カテゴリーでは全て「」になります。

場所や時期によっては、臭い固体もいますが、今回釣ったは沖合い2km 水深40mくらい
にいました。血抜きも完璧で、嫌なにおいも生臭さもありません。
身もぷりぷりしていて、食すにはもってこいです。

といえば「あらい」が定番ですが、今回は 「ムニエル」を作ります。
なぜかというと、簡単だから。
早く 飲みたいわけです。一日中 海の上にいて くたくたなのです。
レシピ

1.3枚におろしたの切り身(半身)を適当な大きさに切り、塩コショウをします。
2.小麦粉を、切り身の両面にまぶします。
3.フライパンを熱し、オリーブオイルをひきます。
4.バターを落とします。(火は中火で。強火だとバターがこげてしまうので)
5.切り身の皮側からゆっくりと焼いていきます。
6.皮に焦げ目がついたら、身側を焼きます。その後は側面も。

皮が「ぱりぱり」身が「もちっと」と「ほっこり」の間くらい。
はよっ。ビールを!!
IMGP0753_サイズ変更

私の粗いさばきで、中骨にはたっぷりの身が。
カヤックフィッシングの仲間から聞いた話では
中骨は「干物」にして焼くとこれまた美味しいとのこと。
しかしながら、明日は大雨の予報。 「干物」は次回試します。
今回は、頭も割って、「潮汁」にします。
IMGP0754_サイズ変更
折角釣った魚。大事に美味しくいただきました!! 合掌。
にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://umibekurashi.blog10.fc2.com/tb.php/22-8f2947d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。