上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P4290005_サイズ変更
先日の健康診断での眼科検査 左1.2右1.5

41歳でレーシック手術をうけて丸2年 。

子供の頃から目が悪く、ついたあだ名は「めがねざる」

その後、体育授業バレーで、レシーブしたボールが「あご」にあたり
「猿アッパー」というあだ名を頂きました(笑)
※ネーミング すばらしいですね。この感覚は大事にしたい

「眼鏡は顔の一部です」を地でいく眼鏡フリークの私が
レーシック手術に踏み切った動機
1.友人のせいさんがやってうらやましかったから
2.カヤック→海に落ちる→高価な眼鏡をなくす→危険+損
の2点

ネットで評判の高い品川近視クリニックにいってみました。
[実感1] 自分は商品である。
ベルトコンベアーで流されるように検査、診断が進み 最終の個別面談

医者:「手術を受けるにあたっては全く問題ありません。」
医者:「老眼はすすむ可能性ありますよ」
医者:「おすすめのコースはこちらです。ほぼこちらを選択します」
私 :「・・・同意します」
※すばらしい営業テクニック。

手術当日
手術自体は3時間程 日帰り可能との事前説明

点眼麻酔をうけた後、器具でいまだかつてないほど眼を見開らかれました。
UFOみたいな機械が眼の上におりてきて、レーザで膜を焼いています。
・・・焦げ臭い
手術医「川野さん 大丈夫ですか? 異常ありませんか?」
だんだんと声が遠くなります。

[実感2] 気を失うとはこういうことかと。(W)
何故 気を失うか 命に関わる危機(眼の機能はそれ)に直面したとき、
脳が機能以上のダメージ(記憶)を避けるためにシャットダウンするのではと思いました。

術後 暗室で休憩
医者「春なので風にきをつけて。電車の突風も気をつけないと、はがした膜がめくれます」
ゴーグルみたいな眼鏡を渡されます。
・・・めちゃ 眼痛い ・・・無理すれば帰れるけど
[実感3]私はこんなめにあうこと同意したでしょ

翌日には痛みがとれました。
光景は、2階からみた風景。ごっつい見えてる!
・・・だけど 街灯など強い光を発するところはぼやんとしている

P4290006_サイズ変更
あれから2年
眼の状態は前述通り
カヤックで使う偏光サングラスは素敵なデザインを選べ度なしで安上がり

海におちたことあるか?
あります(笑)だけど 裸眼で海中をみれるのは素晴らしい!!

老眼は?
レーシックの影響かはわかりませんが、度が弱い老眼鏡をかけます
ですが、好きな眼鏡を必要な時にかけられるのは自分としては納得

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://umibekurashi.blog10.fc2.com/tb.php/208-c16cead1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。